MASERATI GHIBLI

こちらのお車 マセラティ ギブリは、岐阜県海津市より積載車にて搬送入庫いたしました。修理箇所はペンキミスト(塗料ミスト)の付着にて保険対応の修理となります。ご近所の工場がご自分で養生しずに物置の塗装を行いペンキミストが飛散してしまい依頼を受けました。

自社SPG(エスピージー)にて、フルフラット積載車も完備していますので、事故車両・自走不能・走行不能なお車の搬送もいたします。

写真ではわかりにくいですがペンキミスト(塗装ミスト)塗料ミストが飛散し無数に付着しています。

マセラティ ギブリのボディ全体にペンキミストが付着しています。ペンキミストアップの画像を撮りわすれました。

ペンキミストの付着は再塗装(全塗装)しないと無理、ミスト付着は取れないとお考えの方も多いと思いますが、しっかりと方法で施工すれば一部を除く大半の塗装ミストは取れます。この写真もポリッシャーで磨き作業やケミカル用品を使いペンキミストは完全に除去完了いたしました。入庫時よりもボディ全体が綺麗な状態となりました。

ドアミラーカバーはキズがあったので脱着し再塗装。

ボンネットとフロントフェンダーは部分補修にて塗装がしてあり塗装の状態が良くなかったので塗装することになりました。艶消しみたいになっている所が、サンディング(ペーパー)にて塗装表面にキズをつけ塗料の密着をよくするための大事な下処理です。

マセラティ ギブリのボディカラーを忠実に再現させるためテストピースに何度も塗装し塗料を配合して調色後、塗装ブースに車両を移動させ、入念に清掃・脱脂をし塗装します。

ドアミラーカバーも同じく清掃・脱脂をして塗装し、しっかりと乾燥させます。

組付け磨き作業完了。

ボディガラスコーティング施工車両のため、最後にボディ全面にガラスコーティングを施工して完了。


塗装した部分も違和感なくとても綺麗に仕上がりました。


最後にしっかり洗車、室内清掃などをして完成です。


この度は御用命いただきありがとうございました。 国産車はもちろんの事、マセラティ ギブリや外車・輸入車の鈑金塗装修理が豊富ですので愛知県一宮市のSPG(エスピージー)まで、お気軽にお問合せ下さい。